男はつらいよ  総合スレ【旧作も新作も】

元スレ1 :姓は車 名は寅次郎:2019/08/14(水) 12:41:46.0 ...

新作のジュニアアイドルDVDが発売されない

元スレ1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2017/11/02(木) 15:58: ...

【役者語り厳禁】新作映画予想スレ52

元スレ1 :名無シネマさん:2019/08/11(日) 18:21:43.80 ...

サラリーマンのケツエロすぎワロタ Part.2

元スレ1 :陽気な名無しさん:2019/05/19(日) 21:58:46.11 ...

【海外】スカーレット・ヨハンソン、性同一性障害者役を降板、物議を醸したキャスティング論争に物申す「芸術分野にまでポリ・コレが…」

キャスティング論争, スカーレット・ヨハンソン, ポリ・コレ, 性同一性障害者役, 海外, 物議, 芸術分野, 降板


1 :鉄チーズ烏 ★:2019/07/17(水) 06:34:36.41 ID:I7RB0WUC9.net
性同一性障害の男性の役柄にキャスティングされたことに対して抗議が殺到し、先日降板の決断を下したスカーレット・ヨハンソン。現在、この物議を醸している“キャスティング論争”について最新インタビューで言及。「どんな役柄でも演じられることが認められるべき。今は社会的な境界線がたくさん引かれていて、芸術分野にまでポリティカル・コレクトネスが反映されている」と語った。

スカーレット・ヨハンソンはAs If誌に掲載されたインタビュー内での発言が論争を巻き起こしたことについて、あの発言は「クリック数を稼ぐための餌として編集された」と発言。「最近掲載されたあのインタビューはクリック数を稼ぐために編集され、完全に文脈から外れた状態で引用されている。あのときは現代美術作家デヴィッド・サーレとの対談の中で、ポリティカル・コレクトネスと芸術の対立についての質問に答えた。個人的に思うことは、理想的な世界では、演技者はどんな役柄でも演じられるべきで、どんな形であっても芸術はポリティカル・コレクトネスに動じるべきではない。これを説明しようとしたにもかかわらず、真意が理解されていなかった」と、現地時間7月14日に(ヴァラエティ誌経由で発表した)声明の中で述べている。

ヨハンソンが論争を巻き起こした最新インタビュー内で、彼女は現在ハリウッドにいる社会に対する意識の高い人たちの最新「トレンド」が反映されていると指摘し、ポリティカル・コレクトネスがキャスティング決定に影響するべきかどうかと疑問を呈していた。

「そうでしょ、演技者として、私はどんな人物でも、どんな樹木でも、どんな動物でも演じられることが認められるべきよ。だって、それが私の仕事だし、この仕事に求められることなのだから」と、As If誌でヨハンソンはデヴィッド・サーレに発言している。

ヨハンソンのコメントが出たのは、2つのキャスティング論争に直面したあとだ。1つ目は映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の白人化された主人公を演じたこと。2つ目が映画『Rub & Tug(原題)』の主役を演じると報じられたこと。この作品は、女の身体で生まれた性同一性障害の男性で、のちに暴力団の親分となった実在の人物を描いており、ヨハンソンのキャスティングに大して激しい抗議が沸き起こり、最終的にヨハンソンは降板を余儀なくされた。

■芸術にまで悪影響を与えてしまうと不快に感じる

「今は社会的な境界線がたくさん引かれていて、芸術分野にまでポリティカル・コレクトネスが反映されているわ」と、As If誌のインタビューでヨハンソンは述べている。

「これは私が働く業界のトレンドだと思うし、社会の中にあるさまざまな理由から、そういうトレンドが必要なこともわかっているけど、これが芸術にまで悪影響を与えてしまうと不快に感じることがあるの。だって芸術は何ものにも制限されるべきじゃないと思うから」

As If誌でのヨハンソンの挑戦的な発言は、『Rub & Tug』のキャスティング後に彼女が出した声明でも感じられる。この声明で「ジェフリー・タンバー、ジャレッド・レト、フェリシティ・ハフマンの代理人からコメントをもらうよう彼らに伝えてほしい」とヨハンセンは述べていた。タンバーはドラマ『トランスペアレント』で、レトは映画『ダラス・バイヤーズクラブ』で、ハフマンは映画『トランスアメリカ』でトランスジェンダー役を演じている。

しかし、それでも反発が続いたため、ヨハンソンはゲイ&レズビアン雑誌Outへの声明で、熟考を重ねたのちに『Rug & Tug』を降板することを決めたと明かした。「私がダンテ・テックス・ギルに配役されたことで生じた倫理的な問題を鑑みて、この作品プロジェクトへの参加を謹んで辞退すると決めました。トランスジェンダーに対する文化的理解が今後も促進されるでしょうし、最初に出した声明のあと、このコミュニティからたくさんのことを学び、あの声明が無神経だったと気付きました」と、2018年7月にヨハンソンが発表した。

さらに、ヨハンソンはAs If誌のインタビューで、「パフォーマンスにトレンドがあるかは知らないけど、現在のキャスティングにトレンドがあるのは明白よ。今日、演技とは何かについて、またスクリーン上で誰にどんな役を演じてほしいのかについての議論が多くなされていて、それが重要視されているの。だからこそ聞きたいのよ、じゃあ演技って何なの?って」とも語っている。

Translated by Miki Nakayama

7/16(火) 19:30配信 Rolling Stone Japan
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190716-00031487-rolling-ent

2 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:36:34.65 ID:TVs0ZaXc0

ステレッペチャンケー

3 :鉄チーズ烏 ★:2019/07/17(水) 06:37:36.96 ID:I7RB0WUC9

>>1
関連記事

■トランスジェンダー役をシスジェンダーが演じて過剰反発の映画『Girl/ガール』。シスジェンダーって?

7月5日に公開される映画『Girl/ガール』は、15歳のララがバレリーナをめざす物語。ララはトランスジェンダーで、男性の肉体で生まれながら、女性としてバレリーナになることを夢みている。日々、バレエのレッスンを繰り返しながら、並行してホルモン療法で女性の肉体に近づこうと努力している。

ベルギーのルーカス・ドン監督は、2009年、新聞でトランスジェンダーの少女がバレリーナをめざすという記事を読み、今回の映画化にこぎつけた。長編デビュー作ながら、『Girl/ガール』はカンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を受賞。ゴールデングローブ賞で外国語映画賞ノミネートなど、世界中で高い評価を受ける。

しかし作品の評判が広がった分、かなり強烈な批判も上がった。主人公のララがトランスジェンダーなのに、演じた俳優はシスジェンダーである。つまり、トランスジェンダーの役は、トランスジェンダーの俳優に演じさせるべき、というものだ。

■波紋を呼んだスカーレット・ヨハンソンの降板劇

シスジェンダーという言葉は、あまり一般的ではないが、「トランスジェンダーではない人」を意味する。自身の肉体の性別を、そのまま受け入れている人。トランス(trans)の対義語がシス(cis)で、ラテン語で「ローマに近い側の」つまり「こちら側の」を意味する。「トランスジェンダー」と特別視されることを、できるだけ和らげようとするために作られた言葉で、「ホモセクシュアル(同性愛)」に対して「ヘテロセクシュアル(異性愛)」という言葉が誕生した経緯に似ている。多数派が「一般的」「普通」と形容されると、それだけで差別意識が生まれるのである。

このように、どちらが多数派であるかを、ことさら強調しない動きは正しいだろう。『Girl/ガール』のキャスティングへの反論も、このところのLGBTQを描く映画への論議の流れからすれば、当然、出てくるものだったかもしれない。

似たような論議で記憶に新しいのは、2018年、『Rub and Tag』でトランスジェンダーの役を演じる予定だったスカーレット・ヨハンソンが、同じような批判にさらされて降板した一件。トランスジェンダーの俳優からの反発が巻き起こったのだ。スカーレットはトランスジェンダー役を演じるチャンスがあるけれど、トランスジェンダーの俳優たちにシスジェンダーの役を演じるチャンスはほとんどない、というもの。たしかにその言い分はわかるが、有名スターのほとんどはシスジェンダーであり、そうしたスターを主役に据えることで、作品への注目を高めるのは従来からの考え。そうした意見の対立が、大きな騒動へと発展した。

2017年度のアカデミー賞で、外国語映画賞を受賞したチリ映画『ナチュラルウーマン』では、トランスジェンダーの主人公を実際にトランスジェンダーの俳優が演じ、成功していたことも、こうした論議への流れを作ったといえる。

1999年度にアカデミー賞主演女優賞を受賞した『ボーイズ・ドント・クライ』のヒラリー・スワンク、2005年度、同賞ノミネートの『トランスアメリカ』のフェリシティ・ハフマン、そして2015年度、同主演男優賞ノミネートの『リリーのすべて』のエディ・レッドメインなどは、すべてトランスジェンダー役をシスジェンダーの俳優が演じたわけだが、とくに大きな反発は話題にならなかった。反発の是非は別として、それだけ時代が急速に変わってきた感はある。

ララ役に選ばれたビクトール・ポルスター。多くのシーンで、その「肉体」がスクリーンにさらされるが、トランスジェンダー役としての違和感はない。
ララ役に選ばれたビクトール・ポルスター。多くのシーンで、その「肉体」がスクリーンにさらされるが、トランスジェンダー役としての違和感はない。
しかし『Girl/ガール』のように、15歳の設定で、バレエもある程度、経験がある役を、トランスジェンダーのみに限定してキャスティングするのは、ほぼ不可能と言っていい。ルーカス・ドン監督もそれは十分に承知で、アントワープのロイヤル・バレエ・スクールに通うビクトール・ポルスターを抜擢した。映画を観れば、このキャスティングに間違いがなかったと納得するはず。しかし今後も、トランスジェンダーを重要な役で登場させる場合、キャスティングで「」を恐れる傾向は強まるかもしれない。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/20190704-00132820/

4 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:38:05.05 ID:F/bHzcue0


jQhxSNoXzw0jQ

5 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:38:21.04 ID:Xk3ZB3tk0

性同一性障害役をヘテロが演じるのをバッシングされるなら
ヘテロ役をゲイが演じることも禁止にするべきだな

6 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:41:02.01 ID:3q2DWikn0

△ LGBTのキャラを必ず出せ
○ LGBTの役者を必ず出せ

7 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:41:33.51 ID:nB8u0cu40

とりあえず本場の謝罪ヌード見せてくれ

8 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:43:30.58 ID:uIF0g5kr0

平等に性同一障害者が男や女を演じるのも禁じないといけないな

9 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:44:14.12 ID:sqrftloD0

そんな事より黒人ばかりを何とかしろ

10 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:44:21.96 ID:BNyiHxO70

映画やドラマでおかまってちょいちょいでてくるけど、ホンモノが演じろってこと?

11 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:45:18.83 ID:CjQYr3+T0

まあそれはともかくロスト・イン・トランスレーションはよかったよ

12 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:46:27.94 ID:ZAL/826v0

カバちゃんの出番か

13 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:53:32.83 ID:U3O9xRY10

日本人役の時もそうだったけど、
スカーレットヨハンソン自身がずれたポリコレ崇拝者だから
もともと発言していた内容とのダブルスタンダードになる

14 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 06:54:24.63 ID:YuRu/bpC0

役者って何だろうな

15 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:02:51.43 ID:he24ZSIh0

要するにノーマルのヨハンソンがトランス役をやることにホモレズどもが反発したってことでしょ
こいつら頭おかしい降りて当然

16 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:09:29.65 ID:d/GFgdp20

<丶`∀´>  答えのないポリコレ

17 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:10:38.40 ID:h8qlMtg20

これ言い出しちゃうと白人キャラを黒人が演じるのもNGになっちゃうからな
マイノリティー同士で殴り合ってる状態

18 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:17:24.94 ID:R7M7n2bA0

ポリコレまみれだからもう洋画観る気無し
子供向けのまで汚染されてるし

19 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:18:37.54 ID:+93wITbz0

英語の発言を和訳するときに無理に女言葉にしてる感じが気持ち悪い

20 :博之:2019/07/17(水) 07:20:21.90 ID:mBLdh1li0

クズで底辺でマイノリティなんか黙って叩き潰せばいいんだ。
調子に乗らせるからいけないんだよ。
個人主張で世の中回ると思うなよ。

21 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:31:23.41 ID:k2S27tIw0

バックグラウンドもよく分からないでポリコレガー言うだけの楽な作業

スカヨハは発言に矛盾しちゃうからな

22 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:32:33.86 ID:b6vRh2aL0

一種の身体障害者だと思うけど
手足が不自由だったり奇形だったりする人が
そういう障害のない身体に近づこうとか
これは本来の自分ではないので
健常者と同じに扱えとか言う人が現れないのは
何故だろう?
生きにくさや生活しにくさを考えれば
自分の身体を受け入れがたい人が現れても
全く不思議じゃないのになぁ

23 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:33:39.58 ID:AcMlGbpT0

大変だね
何も喋らない方がいい時代なのかね

24 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:34:12.31 ID:hqcLlWQX0

>>9
あれはある程度の規約があるから仕方ない

25 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:35:17.86 ID:AcMlGbpT0

>>20
上級も多いし支援者も多いし世の中回ってしまうのが恐ろしいんだ

26 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:35:19.31 ID:EayTe9vW0

正しくはスカーレット・ジョハンソン、な。
「何で日本人はヨハンソンって言うの?」と文句言ってたゾ

因みに兄もイケメン、な。

27 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:36:20.53 ID:h0i6P5vC0

つまりイエス・キリストが仏陀のモノマネをしたら石を投げられたってこと?

28 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:36:24.82 ID:Rz0cRaOR0

誰かがポリコレにNOと言わないとやりたい放題だぞ

29 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:39:23.46 ID:e8nzy4Mi0

じゃあゲイはゲイの役しか演じられないし
アスペはアスペの役しか演じられないし
鳥取人は鳥取人役しか演じられないってことでOK?

30 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:40:56.11 ID:CzuyLGa70

そのうち医者役を医者じゃない奴がやったら叩かれそうな感じになってくるんじゃないの?

33 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:47:13.03 ID:FwvyinZ00

国が認定するような障害持っている子の親が「これはこの子個性、障害と呼ばないで」とかで普通学級に入れたがったりしてるよね。
周囲の負担は勿論、何より将来的にその子の為にならない様な気がするんだけどね。

35 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 07:50:09.13 ID:H2ZFtqL70

じゃ、兵士じゃない人が兵士を演じるのも
消防士や警官じゃないのに消防士や警官を演じるのも禁止な。
弁護士を演じられるのは弁護士資格を持ってるもの以外禁止にしましょう。
医者もだよ?

38 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 08:02:40.40 ID:m0Yl/tye0

>>1
>『ゴースト・イン・ザ・シェル』の白人化された主人公
あれは脳が日本人なだけで外見は白人だよな

39 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 08:06:59.47 ID:eGSjSV140

役者と役と同一視しすぎて終わった後に裏切られた気分になるのがマイノリティーは嫌なんじゃないの
医者役が実際は医者じゃなくても医者じゃないのかってガッカリはしないけど
例えば同性愛者の役をやった役者に異性愛アピールされると自分らまで否定されたみたいでがっかりみたいな

43 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 08:11:11.28 ID:ZwuUDgie0

攻殻は日本人名なのに白人な理由も
ちゃんとストーリーに組み込んでた
ポリコレ棒振り回したいアホはせめて作品見てからモノを言え

44 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 08:20:17.57 ID:3MIa2lJL0

ゴーストインザシェルのボディスーツでの体型の悪さは十分日本人レベルだったわ

45 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 08:27:32.58 ID:ItKE44gl0

>>19
これも反ポリコレでよね

49 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 08:40:26.18 ID:DUmeb1VP0

攻殻はポリコレ批判もあるけど演出もスカヨハの体型も良くなかったから失敗したよな
映像は押井守の画角そのまんまなぞってて
少佐はムッチムチのちんちくりんだったから途中で見るの投げた

55 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 09:00:36.84 ID:DUmeb1VP0

>>52
チビなのに?
ちんちくりん義体に説得力は全くなかった
スカヨハにこだわるならボディダブル使えば良かったのにな
ブラックウィドウみたいな戦い方できない以上は

58 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 09:52:45.80 ID:4VSBUOTF0

文化の盗用のいちゃもんはマジやめろよ・・・逆に今更着物着ろって言われても困るわ

59 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 10:06:11.56 ID:s3+TCLJZ0

性同一性障害の男性や女性と言われてもすぐにはどっちか分からん
この記事の人は元女性か

61 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 10:54:15.17 ID:VrO7kBxs0

ポリコレ棒はほんとつまらんね
ゲイでも何でも演技力で一流まで登ってくることは可能だろうに

62 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 11:02:33.61 ID:57KpP3xK0

>>17
黒人のキャラを白人がやると差別だとわめき散らすくせに、
逆だと言うとそれはそれで差別だと言うし
ポリコレの奴らウザすぎる

68 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 11:18:44.89 ID:+pzoWz+h0

何がいいたのかわからんかったw

71 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 11:31:12.92 ID:VrcogPDK0

レズビアンが異性好きの恋愛映画に出てたりするし
ホモな男性が異性との恋愛映画に出てるのも駄目なんかね?

81 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 13:15:28.19 ID:uZZKTPfK0

だったらLGBTなんて一切出てこない関係しない映画作ればいいじゃん。そしてLGBTの役者はLGBTしかでない映画自分らで作って公開すればいい。LGBTなんだから普通の人の演技なんてするんじゃねーぞ?

85 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 14:12:48.77 ID:xndPxT1h0

キャスティングの幅が恐ろしく狭まるだけ
トランジェスターで役にあう人がいれば使えば良いだけのこと

91 :芋田治虫:2019/07/17(水) 15:52:19.21 ID:uF1AGzeZ0

↓ヒトラーユーゲントと国民突撃隊も事実上被害者 。少年兵や老人や障害者を敵視する奴は基地○の人殺し。 ↓


極右アレルギー及びナチスアレルギーは本物の馬鹿で済むが、右翼アレルギー及び保守アレルギーは不幸しか作らない。
それこそ人間かどうか疑問。
実際に右翼アレルギーの基地外の神のポル・ポトは「資本主義という腐ったリンゴは箱ごと捨てろ」
と言って4年で少なくとも自国民の2割以上を殺して、直後に無謀な侵略戦争を仕掛けた自国を壊滅させたからだ。
そもそも人間か人間じゃないか以前にポル・ポトなんて生物かどうかも疑問だし。
障害者じゃなくてポル・ポトみたいな基地〇の神こそいなくなればいい。

95 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 16:13:28.72 ID:4KNAbCfU0

ネコがタチを演じるのも禁止だな

100 :名無しさん@恐縮です:2019/07/17(水) 17:14:50.43 ID:SSgcY1Fg0

>>62
最近はブラックウォッシュが目に余るね。007のボンドがクロ女とか、何の冗談だろうって。

176件をまとめました。
最新情報はこちら